遺品整理はプロに頼んで正しく行なう│遺品のお別れセレモニー

ダンボール

費用をチェックする

近年では遺品整理業者やサービス内容が充実していて、業者間の価格競争が盛んであることから、低価格での利用も可能となっています。こうしたサービスを利用するメリットは多く、生前整理として終活で利用する人も増えてきています。

Read More

近年のトレンド

身内が亡くなった後は、通夜・葬儀の対応に加え、遺品の整理が必要です。高齢化社会にともなって遺品整理サービスを行なう業者も増え続けています。業者によってサービス内容や価格が違うので事前に確認が必要です。

Read More

便利なサービス

遺品整理が人気となってきているのは、サービスの充実度にもあります。整理する物の数や部屋の大きさなどに合わせて柔軟にプランを用意しているので、格安の適正価格で整理ができるようになっています。

Read More

整理を業者に頼む

素人が長期間かけてするよりも、迅速に全てが進みます。

故人亡き後、まず問題になるのが故人宅の荷物整理、つまり遺品整理だと思います。遺品と云うのを相続価値のあるものや形見分けの品だけだと考えておられる方もいらっしゃると思いますが、遺品整理とは故人の日常慣れ親しんだ荷物全てを指すものであり、それらは膨大な量であると云っても過言ではありません。つまり故人の遺族が個人的に作業するのには限界があり、遺品整理途中で放置している遺族も少なくありません。ではどうすれば良いのか。それはこうした遺品整理専門の業者に依頼する事です。遺品整理専門業者の仕事は極めて迅速であり、かと云って決して遺品を雑に扱うものではありません。素人では何ヶ月もかけて行う遺品の分別を、たった1日か2日で終えてしまい、尚且つ故人に対する哀悼の意を決して忘れない、それが遺品整理サービス業者なのです。

トラブルの元になるような事は、きちんと確認しておきましょう。

まず、相続価値のある美術品等は、遺族間のトラブルとなりますので、他の遺族に相談せず勝手に処分する事を避けてください。次に、故人の記録物(携帯データや住所録、手紙等)は出来るだけ全て保管しておきましょう。そうする事で、形見分けの際等、送り主をどなたにすれば良いのか判定し易くなります。そしてこれはある意味とても大事な事なのですが、遺品整理以来後、遺品の誤処分による業者とのトラブルを避ける為にも是非、作業の時は遺族のどなたかが現場に立ち会われる事をお勧めします。遺族が快適になる為のサービスで、不快になる事はぜひとも避けたいものです。依頼前には必ずこうした注意事項を思い出し、実行される事をお勧めします。